シロアリ予防が重要です

作業員

日本の主なシロアリとは

全世界には2800を超える種類のシロアリが生息していると言われています。そして、日本でも22種類が確認されていて、その内の5種類が住宅に侵入し食害を及ぼすのです。特に、ヤマトシロアリとイエシロアリによる被害が多く、ヤマトシロアリは北海道の一部を除く全国で被害が報告されています。ヤマトシロアリは、湿り気のある木材を好み、食害域は主に水回りの床下となります。一方のイエシロアリは、温暖な気候を好むことから関東以西の太平洋や瀬戸内海沿岸部で被害を出しています。そして、イエシロアリは水分を運ぶことができるため、食害域は広くなり、被害が甚大になります。これらのことから、ヤマトシロアリやイエシロアリによる被害が出る前にシロアリの侵入を防ぐことが重要です。そして最近では、定期的にシロアリ予防を実施する人が増えています。

シロアリ予防

シロアリ予防について説明します。ヤマトシロアリやイエシロアリは、いずれも床下から侵入します。これは、彼らが通常地中で生活しているためです。そして、地中からコンクリート製の基礎を登って床下の木材に侵入するのです。コンクリートを登る際には、シロアリは蟻道と呼ばれるトンネルを作り、その中を移動して行きます。ですからシロアリ予防は、床下の木材に殺虫剤を散布してシロアリが侵入できないようにするわけです。最近では、住宅の所有者がシロアリ予防をするケースが見受けられますが、シロアリ対策のプロである害虫駆除業者に依頼した方が確実で安心です。インターネットを使えば、複数の害虫駆除業者から一括で見積りがもらえますから利用してみると良いでしょう。